ライティングラボ by Shodo

執筆・ライティングについてのノウハウを共有するブログです。 ブログや本の執筆、コンテンツマーケティングにお役立てください!

なぜ「劇薬」は演劇の「劇」という漢字を書くの?

なぜ「劇薬」は演劇の「劇」という漢字を書くの?

作用がはげしく、危険な薬品のことを「劇薬」と言います。

なぜ「劇薬」にお芝居の「劇」を書くのでしょうか?

「劇」には「はげしい」という意味もある

劇といえばお芝居、演劇のイメージがありますね。ですが、別の意味もあります。

今はあまり知られていませんが、「劇」には「はげしい。つよい。めまぐるしい」という意味もあります
劇薬という言葉は、そのまま「はげしい薬品」という意味で使われている言葉です。

この「劇」という漢字、虎の頭を持つ獣と、刀が合わさってできたものです。軍戯として虎頭に扮したものを討つ(刀)ことを表しているそうです。その動作がはげしいため「劇」に「はげしい」という意味があります。

はげしいという意味の「劇」はもう使われない?

劇には「はげしい」という意味もあると説明しましたが、現在はあまり使われていません。

現在使われるのは以下のような場合のみです:

  • 劇薬
  • 劇物
  • 劇毒
  • 劇症型

ちなみに「劇的」というのは「劇のように緊張感や感動を与えるさま」ですので、「激的」とはなりません。

反対に、「激」を使う例はより馴染み深いものです:

  • 急激
  • 激務
  • 激痛
  • 激論

60年前の日本では?

今から60年前の昭和35年ごろ、文化庁でも「激」と「劇」についてまとめられていました。

www.bunka.go.jp

 

当時の報告会のまとめによると、現在の感覚よりも「劇」を使う機会が多かったと分かります。まとめから引用します:

  • (当時の)「劇」と「激」両方を使うもの
    • 激臭(劇臭)
    • 激震(劇震)
    • 激痛(劇痛)
    • 激変(劇変)
    • 激烈(劇烈)
    • 激論(劇論)
    • 急激(急劇)
  • (当時の)「劇」を使うもの
    • 劇職
    • 劇務
    • 劇薬
    • 劇毒

今となっては「劇薬」や「劇毒」以外は「激」を使うほうが自然です。
そして報告にはこのようにも書かれています。

今日,「劇」に「はげしい」という意味があることは一般に知らなくなっているから,
「劇職」「劇務」なども「激」を使うようになっていくであろうが,
「劇薬」は今日のところ「劇」を使うのはやむをえないであろう。

まったくその通り、「劇」を「はげしい」という意味で使うことは今日ほとんどありません。
当時はそれでも「劇務」などを使う機会もあったようですね。

今では新聞記者向けの記者ハンドブックなどを見ても、薬品や薬物関係以外のほとんどの場合で「激」を使うように書かれています。

まとめ

まとめると以下のようになります:

  • 「劇薬」の劇は「はげしい」という意味で間違いない
  • 今は「激」が多く使われるが、薬品・薬物などの分野で「劇」も残っている
  • 昔は「劇」も使われていた

こういった言葉を調べると、日本語の文化や漢字の背景が見えてきて面白いですね。


Shodo(https://shodo.ink/)ではこういった日本語や漢字の文化も深く理解しながら、日本語を支えるWebサービスとして開発を進めていきます。

shodo.ink

参考・引用元文献

 

執筆:Kiyohara Hiroki (@hirokiky)
Shodoで執筆されました